Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Me

SandPaintingArtist

ひと粒ひと粒の砂に想いを込めて、 糸を紡ぐように砂を積み重ねて作るグラスサンドアートに魅せられてどこまで描けるのか追求しています。

Prev Next

How to draw a picture

サンドアート/基本編(キュービック)

GlassSandartキュービック
中近東のSandBottle

基本中の基本であるモザイク模様の中から、”キュービック”を作ってみましょう。このデザインは、カラーサンドをグラスの中に落としていく感覚、注意力、指先の感覚、そして忍耐力も養います。 作られた山が少しの振動で崩れることを一番感じることができます。 作品の完成までの所要時間は、40分~90分ほどです。 (山の段数で時間が異なります。) さぁ!チャレンジしてみましょう。

  • 最初にキュービックの土台(底)になる部分のカラーサンドを大きなスプーンで2~3杯入れます。 お好きな色を選んで、大きなスプーンに軽く盛って、グラスの中にスプーンを完全に入れてから砂を注いでください。 (砂をテーブルにこぼさないようにするため)
  • カラーサンドを入れ終わったら、容器の中で砂を水平にしてください。砂が水平になっていないと最終的に傾いた作品が完成してしまいます。 砂が水平(平ら)になったら、これからは、グラスを持ち上げたり、グラスを傾けたりしてはいけません。なぜなら、積み重ねたカラーサンドの山が崩れてしまうからです。
  • 好きなカラーサンドを先の細いスプーンですくい、容器の中で小さな山を作っていきます。この山の大きさで、デザインもかなり変わります。最初は、スプーン半分ほど砂をすくい、その砂を全部使うほどの大きさの山から始めるといいでしょう。
  • 山を作るときのこつは、スプーンでグラスをノックするようにして砂を落としていくといい感じで砂がスプーンから離れてくれます。 突然、砂が思った以上に落ちてしまう事故を防いでくれます。 山の隣に、違う色の山を作ります。この動作を繰り返し、山が容器を一周します。

サンドアート/基本編(キュービック)その2

  • グラスを一周、山が連なりました。(写真右)次は、その山と、山の間に同じように山を作っていきます。 注意することは、同じカラーサンドの山にならないようにすること。 気づかないうちに、山が少しずつ小さくなっていく傾向があります。意識して大きめに、大きめに作ってくださいね。
  • キュービックが容器の壁沿いに出来てきます。何段も重なってくると、容器の中央が谷間になって、カラーサンドが谷間に崩れてしまい高い山が出来なくなってしまいます。
  • 容器の真ん中には“あんこ(捨て砂)”を入れて谷間を埋めていきます。
  • キュービックが容器の中で積み重ねられ、きれいなモザイク模様がはっきり出来てきましたね。ほどよく切れの良いところで、キュービック作りを終了してください。

お疲れ様でした。いかがですか?あなたの作品の出来映えは。 疲れましたね!集中しての小一時間、大事ですね。※ 弊社のカラーサンドを使用した場合。グラスは耐熱グラスを使用。
次のページで、カモメ、クジラ、ウサギ、ネコ、島と雲等の作り方をご紹介します。

Andrew Clemens
「Andrew Clemens」のSandBotlle
ナバホ族砂絵
ナバホ族のサンドペイント(砂絵)

グラスサンドアート教室について

現在は「体験教室」のみ、沖縄のリゾートホテルを拠点に行っています。今後、『本格的に学んでみたい』との問い合わせが増えてきたため、東京、名古屋、大阪、福岡などでの『出張教室』の開催を考えています。10名をひとグループとして、グラスサンドアートの基本から応用まで数回に分けての教室です。詳細は グラスサンドアートスクール案内をご覧下さい。